HOME会社概要・お問い合わせ形とカバーサイズメンテナンスとアドバイス工場見学特定商取引法求人 
自然染
おぼろ染め
西陣織
ちりめん
紋織
白波・巻雲
シンプルな無地
シンプルな無地
唐桟縞
丸・円筒
京友禅
変わり加工
レザー
大きいサイズ
コースター
ファブリックパネル
工夫庵のこだわり
工夫庵のこだわり
メンテナンス・アドバイス
シミ抜きの方法
シミ抜きの基本は、できるだけ早く対応することがポイントです。まずは、応急処置をしておきましょう。シミの種類によっても処置の方法が違うので間違えないようにしてください。
  • 水や洗剤で処理
  • 溶剤(アルコール、ベンジンなど)で処理
  • 化学薬品(アルカリ、酸、漂白剤など)で処理
等、大きく3種類にわけることが出来ます。

シミ抜きの手順
  1. まず、素材の確認をします。
  2. 綿布を厚めに素材の下に敷きます。
  3. 水か薄めた中性洗剤液をしみにつけるようにして上からたたきます。
    (けっしてこすらないでください。)
  4. 下敷き布の位置を変えて、しみが下敷きに移るように何度も繰り返します。
  5. 薬品処理が必要のものには薬品処理します。
    (薬品を使う前に素材を確認し、縫い返しの端などで変色しないか確かめてから行ってください。)
  6. 最後に細かい霧を吹きかけて、乾いたタオルで押さえて水気を取ってから自然乾燥させます。
  7. 裏からアイロンをかけて仕上げをします。
     
シミの種類と抜き方

ボールペン アセトンかシンナーでとり、洗剤で洗う。
マジックインク ベンジンを使い、その後洗剤で洗う。
酒・ビール ぬるま湯もしくは洗剤を液使用。
紅茶・コーヒー お湯をしみこませ洗剤液でもみ洗う。
油類 温かい洗剤液、もしくはベンジンを使用する。


  ページトップ
 

京の座布団やさん 工夫庵 by 一宮株式会社

●〒615-8195 京都市西京区川島権田町15-2
●Tel:075-394-7011(代)
●Fax:075-394-7022(定休:土日祝)
●ご注文・お問い合わせ/リクエスト・ご意見は:ninomiya@kyoto-interior.com

当ホームページにおける内容、商品、デザインの無断転用/転載/使用はご遠慮ください。